個別カウンセリングのお問合せはこちらから
アメリカ留学生の就活広場
内定者インタビュー

・いつごろ就職活動を始めましたか?

就職活動はボストンキャリアフォーラムの三か月前、8月の半ば頃から始めました。

それまでは大学院への進学を考えていたため、インターンや企業説明会、キャンパスリクルーティング等に一切参加したことがありませんでした。そのため、自分が受けてみたい会社を探すという、0からのスタートでした。

 

  • 就職活動でこころがけていたこと、苦労したことは?

苦労したこと:

自分の場合は、準備期間も少なく、インターンの経験も無いため、面接でのアピールポイントを考えるのに苦労しました。

心がけていたこと:

入社後のことを考えた時に、自分の価値観にあった会社、もしくは評価してくれる会社に入るのが一番仕事をしやすいし、自分のしたいことも出来るだろうと私は考えました。なので、面接では、自分がどういったことを考えて行動してきたのか、どういった価値観を持っているのか、どういったことを社会でしていきたいのか、を正直に伝えるということを心がけました。そのため、どの面接でも、その会社の業務内容によって細部は多少変わりますが、志望動機、入社後にしたいことは殆ど同じことを伝えました。

 

 

  • 内定承諾する会社を決めた理由は?

一番の決め手はやっぱり「そこで働いている人」です。キャンパスリクルーティングやボストンキャリアフォーラム等で様々な企業の社員の方々にお会いしました。そして、自分が将来なりたい理想像に一番近いと感じたのがJTでした。

また、JTの社員の方々が冷静にタバコ産業の将来について考えており、「JTという会社は変わっていかなければならない」という意識を共有していることも魅力でした。大きな会社にも関わらず、挑戦を続け、変化し続けようとする姿勢も、JTに入社を決める上で後押しになりました。

 

  • これから就職活動を開始する留学生へのアドバイス

自分の価値観、行動基準をしっかりと把握することが一番大切だと思います。ここがしっかりしていれば、自ずと、受けたい会社、志望動機、面接でアピールするポイントなども定まってきます。

なので、まずは選り好みをせず、色々な会社の説明会や面接を受けてみるのもいいと思います。話を聞いてみたら、自分が思っていたのと違った、もしくは、実は自分の価値観に物凄く近かった、なんてことはよくあります。また、様々な会社の社員の方々と話すことで、自分の価値観もよりハッキリしてくると思います。

 

最後に、就職活動は「自分自身に一番合った会社」を見つける場だと思っています。なので、自分をしっかりと見つめ直し、しっかりと自分がどういった人間なのか伝えることを一番に考えてみてください。

 

 

いつごろ就職活動を始めましたか?
就職活動は一ヶ月前から始めました。
アメリカで生まれ育った為、
大学4年生まであまり日本で働くことは考えていなく、
自分の語学力に自信がなかったので、
日本企業の就職活動には参加しようと思いませんでした。
たまたまIGEの方と相談する機会ができ、
色々なアドバイスを聞かせて頂いた結果、
自分にあった企業と出会い、そこから挑戦してみることに決めました。

  • 内定承諾する会社を決めた理由は?

会社の価値観とミッションに魅力を感じました。
この会社で働くことによって、自分の可能性を伸ばし、
会社、及び社会の役に立てることを期待しています。
出会った会社員も応募者もみな、素晴らしい、支えあうような人々であり、
仲間に入って一緒に働きたいという思いを強く感じました。

  • 就職活動でこころがけていたこと、苦労したことは?

まずは、何年もの間日本語を学習していなかったので、
企業面談などちゃんとした語学力を求められたことです。
自分を上手く表現しないといけないのに、
日本語で言いたい事が表わせなかったのが辛かったです。
また、日本とアメリカを比べた場合、従業員として求められる資質や、
求め方もとても違うので、少しculture shockになったこともありました。

  • これから就職活動を開始する留学生へのアドバイス

日本企業はアメリカと比べると、スキルや経験よりかは、応募者の性格、
企業との相性、そして企業に対する情熱を持っているかを
大事にしているようです。
群衆から目立つには、自分を飾ることより、本当の自分を見せ、
企業で働きたい理由のユニークな背景を考える方が良いと思います!

  • いつごろ就職活動を始めましたか?

広義では、本番の2年前から始めました。

JSA(日本人学生会)のキャリアチームに所属しており、海外大学生向けの企業説明会や就活セミナーを開催する機会はたくさんありました。その活動に従事する中で就職活動に関する大まかな知識は自然と蓄えることができたと考えております。

狭義では、本番の1ヶ月前からです。
留学生はボストンキャリアフォーラムに向けて秋学期の開始と共に、一斉に就職活動に取り組み始めます。私はJSAキャリアチームの代表であったこともあり、その時点では他の学生をサポートすることに奔走しておりました。本番の1ヶ月前になってようやく規則性のあるスケジュールを組めるようになり、そこからスキマ時間を見計らって自分の就職活動も徐々に本格化させていきました。私は3年次の段階で数社から内定を頂いておりましたので、精神面の余裕もあり、スタートは遅かったと思います。

  • 内定承諾する会社を決めた理由は?

 

会社が掲げる志に賛同したことです。私にとっては目標や野望は高ければ高いほど素敵に見えました。また志次第で集まる人材も変わります。JTは「No1になる」という大風呂敷を掲げており、会社として進む道にイケイケ感が溢れているように見えました。実際に社員の方とお話しをさせて頂いた時も、みなさん前衛的な心構えをお持ちでおられましたし、もともと社会に出たら存分に暴れまわる覚悟でいましたので、私にマッチした環境を創れそうな・用意してくれそうな会社を選びました。

 

  • 就職活動でこころがけていたこと、苦労したことは?

 

・心がけていたこと

「日常を濃くする」ということです。

土壇場になって急ピッチで就活に取り組んだところで、所詮は 「自分の魅せ方」が上手になるだけで、本当の意味で自分の市場価値が上がるわけではありません。自分の真価を高めるためには 、ハードでワクワクする瞬間を増やすことが肝要と考えていましたので、日々の生活の中で、いかに楽しくチャンレンジしている時間を過ごせるかに気を配っていました。

ESや面接は自分自身の発表会ぐらいに捉えており、濃密な良い日々を過ごすことが最良の準備であると確信しています。

・苦労したこと

タイムマネジメントです。勉強・インターン・学生会・一般学生の就活サポートなど、すべき事がたくさんあるなかで、就活面の全てを自分が「充分だ!」と言い切れる水準まで引き上げることは不可能でした。解決法は「準備が完璧でも結果が完璧になるとは限らない」と開き直り、「準備の及ばない点は、自分の本質で勝負する」と腹をくくることです。

 

  • これから就職活動を開始する留学生へのアドバイス

・本質を見抜きましょう

「自分の在り方」を見つめ直し、「本質を見抜く」という心がけをすることです。日々の生活の中で、あらゆる事柄に「なぜ?」と自問自答し続け、本質にアプローチする姿勢が自己の成長という面において非常に効果的です。就活スキルやHow Toに拘るのではなく、自分の本質にアプローチし成長していくことが、結局は1 番の近道だと確信しています。日常での「気付き」や「チャレンジ」を大事にしていくことが就活での好結果に繋がるので、五感を研ぎ澄ませて留学生活を楽しんで下さい。

 

  • いつごろ就職活動を始めましたか?

2014年に何回か肩慣らし程度の活動をし2015年の9月頃から自分を振り返るところから始めました。

 

  • 内定承諾する会社を決めた理由は?

1番の決め手は社員の方々との素晴らしい出会いでした。就活を始めた頃は返済のこともあり給料で選んでいた自分がいました。しかし、今までの人生で自分1人では何もできずあらゆる方々からの助けがあったから今の自分があることに気付き直す機会がありました。

どこで何をしようと自分が今までの恩返しできる環境があればどこでも行きます精神で臨み大塚製薬の方々の薄っぺらくない対応に惹かれたのが最終的な決め手となりました。

 

  • 就職活動でこころがけていたこと、苦労したことは?

今までわかっているようで自分の事が分かっておらずいざ自分のアピールをするとなるとあれもこれもとなり結局は何?ってなることがあり自分を知ることに苦労しました。最初自分の表を作ったら自己嫌悪になりました笑

 

就職活動で心がけていたことはどんなに入りたい会社とただ何となく受ける会社との間で自分自身を変えずにこの自分でこれから戦って行くことになるのでなるべくありのままで向かうことを意識しました。

 

  • これから就職活動を開始する留学生へのアドバイス

会社に入る上でskillや経験を要する所もありますが結局は出会いだと思います。

合コンと同じでこれから長い間お世話になるとこでお面を被っても続きません

こんな私が素晴らしい出会いや切符を頂けたのでみなさんなら必ず思い通りの結果が得られるはずです。普段の生活での様々な経験が自分を作るものとなると思うので変に研究せずこれが私です精神で臨んでみてください!

 

■ 内定を承諾する会社を決めた理由は何ですか?

やはり一番の決め手は、 “人”であったと思います。JTの説明会から内定承諾までを振り返ると約20人の社員の方とお会いする機会をいただきましたが、こんな仲間と働いたらすごく楽しそう!何かすごい事が出来るかもしれない!こんな人になりたい!その様に感じたのがJTでした。また、JTが大切にしている“ひとのときを、想う。”という言葉も、 自分の胸にとても響き夢を感じました。これからのJTは、もっともっとこの価値観を様々な形で世の中に届けたいというお話を聞き、是非自分もJTの一員となって貢献したいと思いました。

■ いつ頃から就活を始めましたか?

私が就職活動を意識し始めたのは、大学二年生の頃からです。世の中には、どの様な職業があり、自分はどの様な会社に入りたいのか、見当もつかなかったので、最初はキャリアフォーラムやキャンパスリクルートに参加して、世の中の会社を知る、また参加者の方々と情報交換するというところから始めました。

■ 就職活動でこころがけていたこと、苦労したことはありますか?

就職活動で心掛けたのは、”どんな会社も毛嫌いせずに話を聞いてみる”ということです。先ほど述べたように、当時はどの様な会社で働きたいのか見当もつかなったので、会社説明の機会があればとりあえず話を聞いてみて、自分がどの様な点に興味をもったのかなど就活ノートに書き溜めるなどして、自己分析に役立てました。

また面接では、会社に入った後のことも考え、なるべくありのままの自分を伝えられるよう心掛けました。JTの面接では、自分の良い所、悪い所、また自分がタバコを吸わないことなどなど(笑)ある程度、素の自分を伝えることが出来たと感じており、その上で内定をいただけたので、なにか安心感のようなものがあったように思います。

一番苦労した点は、自己分析でした。自分を理解することは、こんなにも大変な事なのかと悩んだ時期もありました。そんな状態で面接に挑んでも、なんだか自信をもてず、自分の言葉に説得力がなかったりで、面接が上手くいかない時期がありました。

■ これから就職活動を開始する留学生へのアドバイスありましたら、教えてください!

私は、就職活動は、ただ単に内定をとる活動ではないと学びました。就職活動を通して、 過去の自分、現在の自分を見つめ直し、自分は将来どんな道を切り開いていきたいのかをしっかりと見据えるとても良い機会となりました。この気づきは、今後自分が社会人になってからも自分を支えるものだと思っています。これから就職活動される皆さんも、しっかりと自分自身をを見つめ直して就職活動に取り組み、将来に繋げていただければと思います。

———————————————————————————————————————————————————————————————————————————

内定者 Interview

 

  

クラスと同時進行でしなければいけなかったのが、すごく大変でしたね。3年生の時はインターンの選考でボストンキャリアフォーラムに行って、その時はクラスとの両立がすごく大変でした。それがあって4年生のボストンでは、9月から休学して就職活動をしたんですが、正解だったなと思います。就活だけに集中できたので。それでもやっぱり大変ではありましたね(笑)秋に集中的に選考を受けたので。周りの皆はだいたい4年生が始まる前の夏に、日本に帰って選考を受けて内定を1,2個取ってきていたんですけど。私はインターンと授業でアメリカに残っていて、内定がないまま秋の就活に突入だったのでやっぱりちょっと不安でした。ボストンのあとはウィンターもあるんですけど、やっぱり卒業してからとなると親にも心配かけるしというので少し不安ではありました。

 

就活と関連するところでは、UCLA編入前のコミカレ(コミュニティカレッジ)時代にStudent GovernmentのBudget planningコミュニティに入って活動したことですね。学校全体のBudget planningを頼まれたりと、貴重な経験をさせてもらいました。DepartmentのプログラムやStudent Club、LibraryにFundを出したり、その際にFacultyやStaffにインタビューをする会議を開いたりと、本格的な実務を経験できたのがよかったです。

(編)1,2年生のうちから興味のある分野で積極的に活動してたんですね。

そうですね。もともと会計だとかプラクティカルなことがやりたいなと思っていたので、1年生の終わりに応募して入りました。UCLAに来てからは、学内のTax Returnのボランティアクラブに入って、学生や地域の人のTax Returnを代行したり、JSA(Japanese Student Association)のキャリア担当をしたり。勉強だけだと本当にきついので、楽しいこともやりつつ、キャリアのことも考えて将来に役立つかなと思うことをしていました。

(編)勉強と課外活動とですごく忙しかったと思うんですが。。。

そうですね(笑)色々なことをやっていて両立しないといけなかったので、タイムマネジメントスキルが身についたかなと思います。

 

トランスファーしてからすぐだったので、三年生の始めですね。トランスファーしたすぐあとだったんで、「やっとUCLAに入れたー!」という感じで就職活動のことなんて全然頭になかったんですけど。その時は編入がゴールになっていたので。でもこっち(UCLA)に来て夏にクラスを取ったときに、そこで知り合ったクラスメートが皆、就職活動やボストンについて話ているのを聞いて、私も始めなきゃと。

 

私はもともと会計に行きたかったので、キャンパス内で開催されるBig4(4大会計事務所)のイベントに行ったり。アカウンティングソサイエティーみたいなのがやっている説明会に色々出ていました。あとはボストンに向けて、先輩や友達から情報を聞いたり。会計事務所は日本のエントリーシートとは少し違うんですが、アプリケーションフォームがあって、そうゆうのを準備したり。

 

4年のボストンでは会計はもう頭になくて、内定を頂いたコンサルと、金融、商社、メーカーなど、けっこう幅広い業界を受けました。

 

私の場合、アメリカにいるからということで苦労したということはあんまりなかったです。もともと志望していた企業の選考がこちらで受けられたので。ただ、友人で自分が行きたい企業がボストンに参加していなくて、日本に帰らないといけなかったり。。。学期中に選考があって、週末とかクラスを休んで日本に帰って面接を受けていた知り合いもいて、お金もかかりますしすごく大変そうでした。

 

自分が学んできたこととか、自分が今までやってきたことを、きちんと自分の言葉で説明できたことですかね。日本企業の面接では、勉強のことより「他に何をしていたの?」ということを聞かれたので、勉強以外にも色々とやってきたのはすごいよかったんじゃないかなと思います。

あとは企業や業界に関する知識―例えば会計、経理だったら最近IFRS(International Financial Reporting Standards、国際基準が出てきているので-そうゆうのを勉強して、最後の質問などでアピールできたのもよかったと思います。

(編)面接では緊張せず自信を持ってアピールできましたか。

そうですね。面接ではまったく緊張しませんでした。JSAでキャリア担当をしていて、企業の方と話す機会が多かったのが、すごくプラスになったと思います。グループ面接が何回かあったんですけど、緊張がこちらにも伝わってくる方もいたので。私はちょっとずれているのかもしれないんですけど(笑)、客観的に他の人達を見ることができました。キャリアをやっていたのは大きかったですね。

 

ほとんどの面接で「学生時代になにやってきたか」「なんで留学したか」「留学で得たこと」を聞かれたんですが、その中でも一番多かったのが「学生時代になにをやってきたか」。勉強プラスαのことを聞かれるので、課外活動のこと、さっき話した予算会議とかインターン、TaxのボランティアだとかJSAでキャリア担当をしたこと等をアピールしました。

あとは面接の最後に必ず「質問はありませんか」と聞かれると思うんですが、そこもアピールポイントだと思うんですよね。選考を受ける前に、ホームページはもちろん、アニュアルレポートを見たり、業界のニュース-例えばどこがどこを買収した-という情報を色々と調べていたので、自分の感想を簡潔に伝えた上でその業界・会社で働いている人の考えを聞けるような質問をしていました。

 

そうですね。早め早めの準備が大事だと思いました。休学していたのでまだよかったんですけど、それでもやっぱり企業の事前リサーチなどにすごく時間を使って大変だったので。あと、LAキャリアフォーラムの前に英語レジュメは用意していたんですけど、日本語の履歴書を直前まで準備していなくて。。。写真がなかったので前日にCVSで自分で撮ったものをプリントアウトしたんですけど、それが微妙だったというのと(笑)、夜中に走り回って用意したので、当日寝坊して面接に5分くらい遅刻しちゃったんです。。。「10分までは許容しているので大丈夫です」と言ってくださったんですけど。。。本当に反省しました。何事も早めの準備が大切ですね。写真は事前に準備しておいた方がいいです(笑)

 

UCLAに説明会で来てもらったことがきっかけです。それまでコンサル部門があるのを知らなくて、IT会社だと思っていたんです。同学年のインターンしていた人や、就職した先輩が皆IT系だったので。でも説明会に来たら、コンサルあるじゃんっていう(笑)説明会には採用担当の方以外にも、コンサル2人、ITが1、2人と社費留学で来ているMBAとPublic Policyの修士の方2人という、けっこう大所帯で来てくれて。その方達がすごく面白い方達で、なんだこの会社面白い!と思って、選考を受けました。

 

「今までやってきたことを直接いかせるような仕事がいいな」って思っていたので、それが一つ。もう一つは「会社の雰囲気」というか「人」ですね。説明会や選考中に会った社員の方も、他の内定者も、優秀でユニークな方達ばかりで。そうゆう環境で働けるっていうのは、今後プラスになるんじゃないかなと思いました。人格面でも、頭はいいのに本気でバカをやるじゃないんですけど、面白い人達が多くて、こうゆう人達と働けたら面白いんだろうなと。

それぞれ自分の行きたい企業や業界によって、就職活動を始める時期だとか選考方法が違ってくるので対策も色々だと思うんですけど、私のように休学するっていうオプションもあります。勉強とボストンでの就活の両立はけっこう大変なので。先輩でも、休学して就職活動に専念して、たくさん内定をもらった方もいるので、やりようによってはすごくプラスになると思います。留学生だとTuitionも夏に授業を取って普段休学した方が安くなりますし。就職活動をする上で、休学をオプションとして考えてみるのもいいと思います。

もう一つは、なにをやりたいか分からないうちは、色々な企業を受けてみると思うんですけど、受けるからにはガッツリ事前にリサーチする。説明会の最後の質問とかは自分で調べれば分かるようなことは聞かないこと。

あと、今からでも遅くないんで、色々やってみる。課外活動とか。ボランティアでもいいし、Social Clubでも何でも。面接で話すネタじゃないですけど、いっぱい引き出しがあったほうが聞かれたらパッと出てくるんですよね。色々な経験するのはすごく大事だかなって思います。