個別カウンセリングのお問合せはこちらから
アメリカ留学生の就活広場
エントリーシート&履歴書

エントリーシート&履歴書       

書類準備の下準備

書類でも面接でも選考プロセスの中で採用担当者が見ているのは、応募者が企業の将来を担う存在となってくれるかという点です。あなたの志望企業の求める人物像はどのような人でしょうか。選考プロセスの中で重要なのが「企業の求めている人物像」を把握し、「私がまさに御社の求めている人材です!」と伝えることです。これは企業また自分自身をしっかり理解していなければできませんね。ですので、面接に結びつく「受かる書類」を書くためには、入念な企業研究自己分析が必須なのです。

エントリーシートって?

エントリーシートとは各企業が独自に用意している書類です。興味のある企業のものは早めに入手し、回答を練っていきましょう。企業によって異なりますが、エントリーシートが一次選考となる場合もあります。次の選考に繋げるためにも、時間をかけて納得のいくものを書き上げましょう。

具体例を交えて自分の強みをアピール!

自分のアピールポイントを、これまでの経験をもとに具体的なエピソードを交えて書きましょう。あなたの強みは、これまでどのような場面で磨かれ発揮されましたか?また、就職先でその強みをどのような場面でどう生かすことができますか?具体的なエピソードを自分の言葉で綴ることであなたらしさが伝わり、読む側の心に響くエントリーシート・履歴書になります。自己分析の成果を発揮しあなたの強みをアピールし、採用担当者に「会ってもっと話を聞いてみたい!」と思わせるエントリーシートに仕上げましょう!

企業への熱い想いを伝えよう!

「志望動機」はエントリーシート・履歴書ともによく問われる項目です。企業研究を他社とも比較しながらしっかりすることで「その企業のウリ、その企業らしさ」を見つけ、同業他社ではなくなぜその企業でなければダメなのかを伝えましょう。またその際、自分のどのような能力・強みがその企業で発揮でき、どのように貢献できるかをアピールすることが大切です☺読んでいて、あなたが入社後活躍しているイメージが湧くようなエントリーシートおを目指しましょう。

知人・友人にアドバイスをもらおう!

書いた応募書類は信頼のおける知人・友人に読んでもらい、アドバイスをもらうことをオススメします。1人ではなく年代の違う数名(友人、教授、インターン先の上司、両親など)からアドバイスをもらうことで、自分の文章が読み手にどう伝わるかを多様な角度からみることができます。

効果的なアドバイスをもらうためには「応募する企業の概要」「企業が求める人物像」を伝えることに加え、「どんなことに注意して見てもらいたいか」「どの部分が気にかかっているか」などを読み手に伝えましょう。

♦ ◊ ♦ ◊ ♦ 

弊社では、在米の日本人留学生向けにエントリーシートの無料添削サービスをおこなっております。

お問い合わせはこちらからお気軽に。