個別カウンセリングのお問合せはこちらから
アメリカ留学生の就活広場
就活スケジュール

就活スケジュール

 

膨大な授業の課題に試験、課外活動と、忙しい毎日を送っている留学生の皆さま。

「今学期は授業が忙しいから、来学期から。。。」と、就職活動は先延ばしにしてしまいがちではないでしょうか。

またいつ・どのように就職活動を始めていいのか分からないまま、気づけば卒業時期ということも少なくありません。

実際に先輩達が、反省点としてよく挙げるのが「開始時期の遅れ」と「事前準備不足」です。

 

卒業直前に、重い腰をあげて企業のホームページを見てみると、応募が締め切られていた。。。(涙)

ということが起きないように、早めに志望企業の採用活動時期を確認し、チャンスを逃さないようにしましょう!

こまめに志望企業のサイトや就職サイトをチェックし、自分なりの活動計画を立てて準備を進めていくことが肝心です。

 

できれば卒業の約2年前3年生が始まる前の夏休み(12月卒業予定の方は3年生が始まる前の冬休み)くらいから、就職を意識し、準備を始めることをオススメします。

 

それでは、就職活動にはどのようなステップがあるのでしょうか。

 

就職活動・基本のステップ

まず基本のステップを見てみましょう。

1)     事前準備

a)     自己分析

b)     企業・業界研究

c)     筆記試験対策

この3つが就職活動の土台となる事前準備です。一日ほんの少しの準備時間が、ライバルに差をつける一歩となります!できることから始めていきましょう☺

多くの応募者の中から「この学生は会社の将来に貢献してくれるだろう!」と採用担当者に思ってもらうには、しっかり自分と企業を理解し、自分がどのように企業に貢献できるかを伝えていかなければなりません。そのために重要なのが、入念な自己分析と企業研究です。

この二つに早めに取り組みしっかり行うことが、周りの学生に差をつけ、内定の切符を勝ち取ることにつながります☺詳しい方法については、【自己分析】【業界・企業研究】の各ページをご覧下さい。

筆記試験は、自分の志望企業でどのような試験が採用されるのか(もしくは過去に採用されているか)をまず確認しましょう。筆記テストの主流になっているSPI2などは、市販の問題集に加え、Web上で無料で受けられる模擬テストもありますので、少しずつ対策を進めていきましょう。

2) エントリー

興味のある会社への最初のアプローチがエントリーです。最近はWeb上でのエントリーが主流になっています。エントリーをすることで、採用情報を含め様々な情報やエントリーシートが送られてきたり、採用画面にアクセスできるようになりますので、少しでも気になる企業にはエントリーをし、会社について調べてみましょう。企業研究を進める中で、最初は少し気になるだけだった企業が大本命になることも少なくありません。

3) 会社説明会参加

説明会には、個別説明会に加え、様々な企業が集まって説明会を行うフェア形式のものがあります。企業の方から直説話を聞ける説明会は、情報の量が限られる留学生にとってまたとない貴重な機会です。積極的に足を運びましょう!また留学生用のセミナーや就職フェアではその場で選考を受けられるものも多いので、興味のある会社の説明会には事前準備をして臨み、チャンスを最大限にいかしましょう。

4) 採用試験

多くの企業は、採用試験のステップとして書類選考・筆記試験/Webテスト・面接を設けています。志望企業の採用情報ページより採用試験についてしっかりチェックし、入念な準備をしましょう。選考書類についてはエントリーシート&履歴書、面接については面接対策のページををご覧下さい。また弊社では、エントリーシート添削、個別カウンセリング、就職セミナーなど、皆様の就職をサポートする様々なサービスを提供しています。お気軽にお問い合わせください。

留学生向け就職活動スケジュール

卒業時期・希望業界の採用活動状況などによってスケジュールの立て方は様々ですが、「いつから、どのように始めたらいいのか分からない」という方のために、5月卒業の留学生の活動スケジュール例をご紹介します。

5月卒業予定の留学生向けスケジュール例

ポイント

1.  事前準備は早めに始めるに越したことはありません。卒業の2年前(2~3年生の間の夏休み)をめどに、まずは興味のあることや物からそれに関連する企業や仕事について調べてみたり、自分の過去を振り返ってみたり、とできることから始めてみましょう。

2.  秋には大学内での企業説明会やキャリアフォーラム等、就職イベントが多く開催されます。「夏のインターン先を探すため」「企業研究のため」「場慣れをするため」など目的は様々ですが、3年生のうちに多種多様な業界・企業をみておくことをオススメします。今まで知らなかった業界や企業の中に興味を見出すなど新たな発見があったり、本番の4年生の秋に効率的に動くことができるなどメリットは絶大です!

3.  インターンシップは研修生として実際に企業で働くことができる貴重な機会です。インターンシップ先に就職する学生もいます。実務経験を積める、社会で働くとはどのようなものかを体感できる、志望する仕事や企業が自分に合っているかをみられるなど得られるものは多いので、インターンシップをする方・された方はその経験を就職活動にもいかしましょう。

4.  3年生と4年生の間の夏休みに帰国する方は、企業説明会や合同フェアに足を運ぶことをオススメします。

5.  就職支援サイトや企業のウェブサイトから、企業にエントリーをします。エントリーは早めにし、余裕を持って面接の予約や準備をすすめることが、採用試験突破の第一歩です。

6.  CFN主催のボストンキャリアフォーラムを始めとする合同説明会やオンキャンパス企業説明会など、多くの企業が留学生に会うためにアメリカに足を運びます。コツコツと取り組んできた事前準備の成果を発揮しましょう!内定を得る方、冬休みもしくは帰国後の最終面接への切符を手に入れる方、惜しくも選考漏れしてしまう方と結果は様々です。

7.  冬休みの帰国で、選考の続きを受けたり、秋にアメリカに来なかった企業の説明会・選考に参加します。

8.  企業によっては帰国後に最終面接を行う、また帰国後に採用試験全般を行うところもあります。

後悔しない就職活動をおくるために

自分の志望企業のスケジュールを早めにチェックし「エントリーの開始時期はいつか」「エントリーシートの締め切りはいつか」「面接はいつで、それまでにどんな準備をすればいいのか」等を考慮し、自分なりの活動プランをたてていきましょう!早めのスタートは、後悔しない就職活動を送る秘訣です☺