留学生の就職情報・支援サイト IGE Career

面接の心得 – IGE Career

面接対策

面接は選考試験のクライマックス。今までの事前準備の成果を発揮する場面です。採用担当者に「この人なら、うちの会社で活躍してくれるだろう!」と思ってもらえるよう、自分の強みや能力、意欲を伝えましょう!

成功する面接の肝となるのが事前準備

「書類対策」でも触れたように、選考プロセスの中で採用担当者が見ているのは、応募者が企業の将来を担う存在となってくれるかという点です。あなたの志望企業の求める人物像はどのような人でしょうか。選考プロセスの中で重要なのは「企業の求めている人物像」を把握し、「私がまさに御社の求めている人材です!」と伝えること。これは企業また自分自身をしっかり理解していなければできません。そのため入念な企業研究・自己分析が肝心なのです。

面接・基本の心構え

「面接」というと緊張してしまうのが自然ですが、面接は評価される場という以前に「人」と「人」との会話です。面接官の質問や話に耳を傾け、あなたの考えや思いを自分の言葉で伝えましょう。「上手く自分をアピールしたい」という思いから、背伸びをして抽象的で難しい言葉を並べたり、練習してきた答えを暗唱のように返すのでは本来のあなたらしさが伝わらず、面接官の心に響かず逆効果となってしまいます。一期一会の機会に感謝し会話を楽しもうという姿勢で臨みましょう。

好印象を残すには?

面接は限られた時間の中で行われますので「印象」がとても大切です。清潔な身だしなみ、丁寧な言葉遣い、明るい表情やハキハキとした話し方を心がけましょう。自然な敬語やマナーは一朝一夕で身に付くものではないので、目上の人と話す機会を積極的に増やす等、日頃から気をつけることがポイントです。もちろん、全て完璧である必要はありません。面接では、敬語を少し間違っても、自分の考えや意欲を自分の言葉で一生懸命、丁寧に伝えようという姿勢が好印象を与えます。

面接は企業を知るチャンス

また、面接を通して企業の方々と直接触れ合う中で、あなたもその企業が自分に合うかどうか感じられるはずです。最後に必ずといっていいほど聞かれる「なにか質問はありますか。」という質問では、さらに企業について知るためにあなたが本当に聞きたいことを聞いてみましょう。本当にその企業に興味があり、しっかりと企業研究をしていれば、必ず知りたいと思うことが出てくるはずです。また事前準備をしっかりして用意した質問であれば、あなたの熱意が面接官にもきっと伝わるでしょう。

よく聞かれる質問

下は面接でよく聞かれる質問例です。事前に、自分の答えを今までの経験・行動・考えを元に掘り下げておきましょう(自己分析)。

面接では「具体的な経験」を入れながら、自分の言葉で伝えましょう。友人・知人に質問をしてもらい面接の練習をしておくと、自信がつき本番での緊張も和らぐでしょう。
1.自己PR
2.志望動機
3.学生時代に打ち込んだこと
4.留学経験について(例:留学した理由/大変だったこと・それをどう乗り越えたか/留学で得たもの)
5.専攻について
6.長所と短所
7.企業への質問

先輩からのアドバイス

●就活仲間を作って、情報を共有することをお勧めします!なにより刺激しあい、支えあえる友達がいることは励みになります!

●就活ノートを持ち歩き、説明会で聞いた話で、関心を持ったことや面接で話したことなどを書き留め、次の機会に活かそう。

●説明会の自己アピールのチャンス!熱心に説明を聞き、質疑応答で真っ先に質問をした姿が好印象だったよと、入社後人事の方から聞いた。

●「良い学生」になるように答えるのではなく、いかに自分らしさを出すかが重要

No content found.